ディーラーで車検を受けよう!メリットとデメリットは?

次回の車検まで安心のサービス

車検をディーラーで受けると次の車検までの期間は安心して車に乗れるのがメリットです。次回の車検までの期間は家庭用の普通乗用車の場合には2年間ですが、その間にトラブルが起こらないように徹底した整備を行ってくれます。整備不良が全く起こらないわけではありませんが、修理保証を付けてくれるので、万が一のトラブルがあっても無料で修理してもらうことが可能です。整備内容についてもある程度は柔軟に対応してくれて、あまりにもコストがかかる部分は次回まわしにしてもらったり、心配なところはディーラーとしては必要ないという判断でも丁寧に整備してもらったりすることができます。

費用面ではデメリットがある

ディーラーで車検を受けるデメリットは費用です。通常、ディーラーで車検を受けると毎回10万円以上の費用がかかってしまいます。もともと法定費用を払うだけでも数万円にはなりますが、整備費用がかなり大きくなるので10万円に到達してしまうことが多いのです。ただ、毎回ある程度の整備を行っているので、大きな修理が必要になって突然大きな費用が発生してしまうリスクは低いでしょう。二年に一度の頻度で安心のために出費すると思えばそれほど高くないと考えることも可能です。最近では費用をこの程度に抑えたいという形で相談すると適切に対応してくれるサービスもあるので、費用がデメリットと感じる人はできるだけ具体的にディーラーに予算を伝えて何とか対応してもらえるようにしましょう。

広島の車検でおすすめは、まず自動車の購入店です。また格安に車検のできる店舗が多数存在しますので、数社見積りを取ることが大切です。