少しでも安くなったら嬉しい!軽自動車の車検代を抑える方法

民間車検場に依頼する

申し込みから車検手続きまで、全てを一貫して申し込めるため手間はかかりません。法定費用に3万円程度足した金額なので安いです。ただ工場への持ち込みも完了後に持ち帰るのも自分で行うことになるため、代車の手配が必要となります。

車検専門店に依頼する

車検専門店はフランチャイズとして全国展開しているため、自宅から近いお店で車検が受けられます。車両整備に特化しているので専門知識に長けており、技術力もあるので安心して任せることができます。またリーズナブルな価格とスピード対応に重点を置いているため、満足度の高いサービスが受けられるでしょう。

ディーラーに依頼する

信頼と安心はありますが、修理が必要と判断されれば指定工場よりも割高になります。車のメーカーそのものが車両点検を行うので、費用が高くても安心できる車検を受けたいと望むならおすすめです。

ガソリンスタンドに依頼する

普段利用するガソリンスタンドで車検が受けられるため利便性は高いです。車検費用は民間整備工場よりも安く済むのでお得です。その代わり設備や技術面では民間整備工場やディーラーよりも劣るでしょう。

ユーザー車検という選択

ユーザー車検は手続きを全て自分の手で行うという方法です。自動車検査協会のホームページから予約日を決め、車検証や納税証明書などを提出して受付を済ませます。修理必要箇所が無い場合は法定費用だけで済みますが、必要箇所が有る場合は自分で修理工場を見つけて再度検査を受けることになります。こうなると手間が2度かかるため負担は大きくなります。

車検を軽自動車で行うには、国認定の整備工場・自動車メーカー販売店・軽自動車を購入したディーラーで行うのが一般的で、車の知識がある場合はユーザー車検と呼ばれる方法もあります。